設立 昭和4年3月
代表者 理事長 今村 良成
資本金 1億56百万円
従業員数 68名(平成29年3月末)
事業内容 信用金庫法に基づく金融業務
事業所 南砺市4店舗、高岡市3店舗、砺波市、小矢部市、各1店舗
預金残高 813億円(平成29年3月末)
融資残高 404億円(平成29年3月末)

 

「としん」の愛称で親しまれる砺波信用金庫は、県西部の広範な地域を営業エリアに、堅実な営業活動を行い、業績を上げている。

特に貸し出しについては、質の良い融資を心掛け経営の健全性確保に向け取り組んでいる。同時に、中小企業金融の円滑化に向けた取り組み、魅力ある商品の開発、ATM利用手数料無料化などサービスの充実に力を入れ、顧客の利便性向上に努めている。また、コンプライアンスの徹底により「としん」の信頼性向上に努めている。そして活力と創造力溢れた人材育成を図るため、若手職員の積極的な登用、専門知識豊かな融資担当者の配置など、組織活性化を図ると共に、地域の活性化への貢献に努めている。